令和4年度 各種研修会

各種研修の様子をお知らせします。

◆2月14日(火) ICT推進委員会③

  

今年度、3回目の「ICT推進委員会」を行いました。

今回は「学校教育の情報化指導者養成研修」の報告と、市教育センターで実施した「ICTサポートプロジェクト」の

報告を行ったあと、ICT推進委員会のメンバーが中心になって作成した「ICT活用事例集②」について、

富山大学大学院の長谷川春生先生からご指導をいただきました。

「Teams」と「SKY MENU」の実践例を各学校で紹介し、ICTの推進に取り組んでいきます。

 

◆1月27日(金) 授業力向上研修会⑩(福野小学校)

  

「授業力向上研修会⑩」を行いました。小学校1年の国語の授業を参観しました。

主人公のたぬきの様子を、教師が準備したお面をつけて生き生きと演技をして発表していました。

振り返りで、友達のすてきなところを発表するなど、みんなで楽しく授業をする姿が印象的でした。

事後研修会では、松本教育長のコーディネートのもと、授業の構成や子供の見方について研修しました。

 

◆1月20日(金) 授業力向上研修会⑨(井波中学校)

  

「授業力向上研修会⑨」を行いました。中学校2年の道徳の授業を参観しました。

資料を3回に分けて読み、そのときの主人公の気持ちを考えながら道徳的価値にせまる授業でした。

ペアでの意見交換や活発な発表から、自分のこととして考える姿が印象的でした。

事後研修会では、松本教育長のコーディネートのもと、授業の構成や子供の見方について研修しました。

 

◆11月21日(月) 小学校英語専科教員情報交換会③(城端小学校)

  

「小学校英語専科教員情報交換会③」を行いました。

英語の授業で子供たちが熱心に取り組んだ教材や効果のあった指導法等の情報交換をしました。

デジタル教科書や電子黒板を使った教材等、ICTの活用についても情報交換をしました。

また、来年度の研修についても意見をいただきました。

 

◆11月16日(水) ICT活用講演会

  

富山大学大学院 准教授 長谷川春生先生の「タブレット端末の利活用」と題した講演をお聞きしました。

南砺市内の各学校から17名の先生方が参加されました。

小学校のプログラミング教育、中学校技術科の情報、高等学校の情報Iの学習のつながりについて

教えていただき、小学校での「情報モラル」や「プログラミング」の学習の重要性について理解を深めました。

 

◆11月15日(火) 授業力向上研修会⑧(福光中学校)

  

「授業力向上研修会⑧」を行いました。中学校3年の社会の授業を参観しました。

南砺市の財政上の4つの課題について、班ごとに解決策を考え、発表しました。

「効率・公正・合意・持続可能性・実現可能性」の5つの観点をもとに、中学生らしい提案をしていました。

事後研修会では、松本教育長のコーディネートのもと、授業の構成や子供の見方について研修しました。

 

◆11月14日(月) 授業力向上研修会⑦(城端小学校)

  

「授業力向上研修会⑦」を行いました。小学校4年の算数の授業を参観しました。

いろいろな四角形について、それぞれの特徴を比べて仲間分けをする学習でした。

自分の見つけた特徴を自分の言葉でしっかりと説明し、理由をはっきりさせて仲間分けをしていました。

事後研修会では、松本教育長のコーディネートのもと、授業の構成や子供の見方について研修しました。

 

◆10月24日(月) 授業力向上研修会⑥(福野小学校)

  

「授業力向上研修会⑥」を行いました。小学校6年の家庭の授業を参観しました。

好きな食べ物をたくさん盛り付けたバイキングの食事例から、栄養のバランスや食品の組み合わせ、

色合いの工夫等を考え、2月の給食で取り入れてもらう献立作りに挑戦する授業でした。

事後研修会では、松本教育長のコーディネートのもと、授業の構成や子供の見方について研修しました。

 

◆10月6日(木) 学校図書館研修会②

  

小・中学校の司書助手の先生方と市営図書館の職員の16名が集まって学校図書館研修会②を行いました。

講師の司書助手の先生の学校での取組を紹介してもらい、季節感たっぷりの掲示物や本の紹介の仕方等を

学びました。また、市内の図書館と学校図書館を共通システムでつなぐ取組について紹介されました。

子供たちがたくさんの本と出会うための様々な取組について情報交換を行いました。

 

◆9月22日(木) 授業力向上研修会⑤(城端小学校)

  

「授業力向上研修会⑤」を行いました。小学校3年の音楽の授業を参観しました。

たくさんの楽器の中から「まほうの音のもと」を探し出す授業でした。

子供たちは友達の「まほうの音のもと」から、いろいろな工夫点を見付けていました。

事後研修会では、松本教育長のコーディネートのもと、授業の構成や子供の見方について研修しました。

 

◆9月16日(金) 授業力向上研修会④(南砺つばき学舎)

  

「授業力向上研修会④」を行いました。小学校5・6年の総合の授業を参観しました。

井口地域を「日本一の椿村」にするために考えた活動を見直す授業でした。

自分たちの考えた活動が「地域の方に認めてもらえるか」「がんばりが伝わるか」の視点から考えました。

事後研修会では、松本教育長のコーディネートのもと、授業の構成や子供の見方について研修しました。

 

◆8月22日(月) 特別支援教育研修会 【南砺市協業研修】

  

北陸大学 教授 河野俊寛先生の「発達障害の理解と支援」と題した講演をお聞きしました。

砺波地区小・中・義務教育学校の先生方37名が参加されました。

「知的障害」や「発達障害」について、事例を基に写真や動画で分かりやすく説明していただきました。

通常学級の中にいる特別な支援を必要とする子供たちに対する手立てについても具体的にお話いただきました。

2学期からの指導に生かしていきましょう。

 

◆8月19日(金) 学校危機管理研修会 【小矢部市準協業研修】

  

弁護士・スクールロイヤーの田中智芳先生から「スクールロイヤーを活用した学校危機管理の在り方」と

題した講演をお聞きしました。砺波地区小・中・義務教育学校の先生方32名が参加されました。

学校で想定される危機について、実際の事例を基に分かりやすく説明していただきました。

また、弁護士という立場から法律に基づく貴重なお話を聴くこともできました。

 

◆8月9日(火) 学級づくり講座 【小矢部市準協業研修】

  

富山県総合教育センターの研究主事である黒田先生・野澤先生から「学級集団の見立てと支援や援助のための

手立て」と題した講演をお聞きしました。砺波地区小・中・義務教育学校の先生方25名が参加されました。

「対人関係ゲーム」を用いて集団に働きかけることで、子供と子供、子供と教師の人間関係を柔らかくし、

学級集団を居心地のよいものにしていく方法について学びました。また、学級ですぐに使える「対人ゲーム」を

収録したCDをいただきました。2学期からの実践につなげていきましょう。

 

◆8月8日(月) ふるさと学習研修会

  

今年度のふるさと学習研修会では、平・上平地域の歴史・文化施設をめぐりました。今年度、南砺市に

初めて勤務される先生方を中心に、17名が参加されました。まず最初に、「五箇山和紙の里」を訪問し、

和紙すき体験をしました。和紙の原料についての話を聴いたり、美しい和紙製品を見学したりしました。

次に、「五箇山合掌の里」施設長の西 敬一さんの説明を聴きながら、世界遺産の菅沼合掌集落を見学

しました。ふるさと南砺市のよさを再発見することができました。

 

◆8月5日(金) プログラミング教育研修会 【南砺市準協業研修】

  

富山県立大学 准教授 岩本健嗣先生の「未来のDX人材像とプログラミング教育の実践」と題した

講演をお聞きしました。砺波地区小・中・義務教育学校の先生方16名が参加されました。

「DX」とは「デジタルトランスフォーメーション」の略称で、デジタルテクノロジーを取り入れることで

ビジネスを変革させていく取組のことです。また、今小学校で取り組まれている「スクラッチ」と

「マイクロビット」のプログラミング体験を行い、プログラミングの基礎を学ぶことができました。

 

◆8月4日(木) 実技指導法研修会 【砺波市準協業研修】

  

富山県レクリエーション協会の指導員の方から「学校等におけるレクリエーション遊びの指導方法」を

学びました。砺波地区保・認・幼・小学校の先生方21名が参加されました。

実際に体を動かしながら、子供たちと一緒になって楽しめる「人間オセロ」「ヒューマンサッカー」

「チクタクボンボン」「キャッチング・ザ・スティック」等のレクリエーションを体験しました。

 

◆8月2日(火) 資質能力向上研修会 【砺波市協業研修】

  

NPO法人日本ゲートキーパー協会の大小原利信先生の「味方になりきるコミュニケーション」と題した

講演をお聞きしました。砺波地区小・中・義務教育学校の先生方20名が参加されました。

ともすると教員は、「がんばれ!」「もっとこうしたらいい」と励まし、アドバイスをしてしまいがちですが、

本当に心がいっぱいいっぱいの子供に対する声のかけ方や対応の仕方について、たくさんの事例や演習を

織り交ぜた分かりやすいお話をもとに、味方になりきるコミュニケーションの基本である「OKメッセージ」

「アイ・メッセージ」「ハート・メッセージ」について研修することができました。

 

◆8月1日(月) 小学校英語専科教員情報交換会②

  

小学校の英語専科の先生が集まり、2学期の授業で活用できる教材や指導法について情報交換をしました。

Teamsの音読練習機能を利用した発音練習や、クイズ大会ができるアプリ「Kahoot!」を利用した

早押しクイズ大会等、子供たちと楽しく英語を学習するアイディアが紹介されました。

また、中学校の英語の学習とのつながりについての情報交換を行い、小・中学校の連携の大切さについて

再確認しました。

 

◆7月27日(水) 学力向上研修会 【小矢部市協業研修】(オンライン)

 

信州大学の准教授、佐藤和紀先生の「授業や校務におけるICTの効果的な活用」と題した講演を

オンラインでお聞きしました。砺波地区小・中・義務教育学校の先生方58名が参加されました。

佐藤先生からは「子供一人一人は、力が違うから異なる方法、ヒント、進度で学習に取り組ませる必要が

あること」「子供が自己選択・自己判断する場面を、授業に組み込んでいくこと」など、「主体的な学び」

「個別最適な学び」を支援する具体的な方法について、たくさんのことを学びました。

 

◆7月4日(月) 授業力向上研修会②(利賀小)

  

「授業力向上研修会②」を行いました。小学校3・4年の道徳の授業を参観しました。

4人の児童からより多くの考えを引き出す発問の仕方や、自分事として考える手立て等が考えられた

教師の仕掛けのある授業でした。

事後研修会では、松本教育長のコーディネートのもと、授業の構成や子供の見方について研修しました。

 

◆6月24日(金) 学校図書館研修会①

  

小・中学校の司書助手の先生方と市営図書館の職員の18名が集まって学校図書館研修会を行いました。

講師の司書助手の先生の学校での取組を紹介してもらい、実際の図書室や学年図書コーナー等を

見学しました。子供たちの読書活動の推進や、授業と関わる図書資料の準備や活用等、図書司書の

様々な業務について情報交換を行いました。

 

◆6月21日(火) スタディ・メイト等研修会

  

南砺市地域包括ケアセンターで「スタディ・メイト等研修会」を行いました。

市内のスタディ・メイト28名、適応指導員3名の31名の先生方を対象に、県総合教育センターの

教育相談部の先生方の講演を聞きました。体験活動や演習を多く取り入れた講演を通して、特別な支援が必要な

子供たちへの対応の仕方や声のかけ方等について学ぶことができました。

 

◆6月15日(水) 授業力向上研修会①(福野中)

  

7・8・9年次の先生方の授業力向上を目指した「授業力向上研修会①」を行いました。

中学校3年・数学:ルートの乗法でいろいろな計算方法を見付け、その中から便利な解き方を見付ける授業でした。

事後研修会では、松本教育長のコーディネートのもと、授業の構成や子供の見方について研修しました。

 

◆6月8日(水) 学力向上研修会

  

福光中部小学校3年生の体育科の授業を参観し、授業の見方や校内研修の進め方について研修しました。

松本教育長のコーディネートのもと、子供たちがワクワクする課題提示の方法や主体的に学習を進めるための

教師のしかけについて話し合いました。子供の実際の姿やつぶやき、子供の思いから考えることで、

授業の見方について学ぶことができました。授業を提供していただいた先生方、ありがとうございました。

 

◆5月31日(火) 小学校英語専科教員 中教研英語科授業参観

 

小学校英語専科教員5名が、福野中学校で行われた中教研英語科の研究授業を参観しました。

授業は、タブレットを用いてTV会議システムを通して南砺市の魅力を伝え合う授業でした。

中学校の授業を参観することで、小学校と中学校の外国語学習のつながりについて考える機会になりました。

参加者からは「中学校での学習を意識して授業を組み立てたり、書く活動も取り入れたりして、

中学校の英語の学習にスムーズにつなげていく必要がある」などの意見が出され、充実した研修になりました。

 

◆5月19日(木) 通級指導教室担当者研修会

  

通級指導教室担当・特別支援教室担当の先生方が集まり、研修を行いました。

明日から使える教材の紹介や、指導の仕方や見立ての方法等について講演していただきました。

見る力や体を動かす力、動きを調整する力を高める「ビジョントレーニング」を体験したり、

お互いに情報交換をしたりして、充実した研修会になりました。

 

◆4月28日(木) 小学校英語専科教員情報交換会①

  

小学校の英語専科の先生方が集まり、情報交換会を行いました。

1学期の授業ですぐに使える教材や、電子黒板やタブレットを活用した教材について講演をいただき、

情報交換もしました。中学校英語にスムーズにつなげるためにどうしたらよいかが共通の話題になりました。

2回目以降、考えていきます。

 

◆4月14日(木) 学級づくり研修会 【砺波市準協業研修】

  

学級開きの大切な時期に、南砺市教育長よりご講演をしていただきました。

「先生の立ち位置は」「話を聴ける教室にするには」「話のさせ方は」の三つの観点から

「あったかい教室」をつくるにはどうしたらよいか具体例を混ぜながらお話をしていただきました。

若手教員にとって、この1年間で目指す学級のイメージがもてる絶好の研修の機会となりました。